重箱の隅

好きなことだけ。

詳説:秦基博『アイ』 1コーラス目


2014年の暮れ。
モノクロの世界で、かみしめるように”愛”を歌う動画に魅せられて
秦基博さんのファンになりました。

2015年、
ギター弾きのシンガーソングライターの曲を隅々まで味わうために
言葉(詞)だけじゃなく、音(演奏・コード)の世界も知りたいと、
ギターを買って、先生を探して、習い始めて(・・・後半はサボって)、今に至ります。

そんな私の初期衝動を、いびつながらも形にしておこうと
2月最後のレッスンで、師匠が教えて下さったコード進行のコツを手がかりに
現段階での知識と経験をもとに、まとめてみました。

現段階でのスペック:
・ダイアトニックコードと、それをもとにした最も基本的なコード進行がわかる。
・五線譜に記された音符がわかる。
・時間をかければ、コードを構成する音がわかる。
・とりあえずtab譜は読める。
・最も単純なアルペジオで、師匠が初心者用にアレンジして下さった『アイ』が弾ける。

師匠はじめ諸先輩方、秦ファンの皆様、
生暖かく見守りつつ、ご笑覧下さい。

では、「コードと詞で読むJ-POP」、
記念すべき第一弾、スタート!

・・・・・・・・・・・・・・・・・


秦 基博 / アイ



『アイ』 秦基博:作詞作曲。
(コードはオフィシャルスコアによる)

オリジナルコード:D

イントロ
D  D(onF#) G ×2

Aメロ
”目にみえないから アイなんて信じない”
D  D(onF#) Gadd9  D(on F#) Em7  A7sus4  A7  Dadd9

”そうやって自分を ごまかしてきたんだよ”
Bm7  Bm7(on A)  Gadd9  D(onF#) Em7 A#dim Bm7

「起承転結」の「起」。
アイ(Love)をタイトルに掲げながら、それを裏切るような歌詞でこの楽曲は始まります。
「目に見えないから アイなんて信じない」。
add9thや7th、 sus4や#dimなど、ギター初心者には難解なコードの連続・・・。
Dメジャーのキーでありながら、どこか陰のある、心に沁みるアンニュイな雰囲気が漂よってきます。

続くBメロ、「承」のパートは、さらに難解なコードで展開していきます。

”遠く 遠く ただ埋もれていた”
G#m7(-5) Gmaj7   F#m7(11)  Bm7

”#m7(-5)”、”#m7(11)”と、初心者には想像も付かない難解なコードと
(実際に弾いてみると、その響きの美しさにうっとりしますが)
マイナー、メジャー、マイナー、マイナーの進行で
単なる諦めとは違うけれど、でもどこか後ろ向きのナイーブな感情が
G#→G→F#と半音ずつ下がってくるベース音とともに濃くなっていきます。

ところが、「承」の最後で、「転」を呼び込む動きが出てきます。

でも 今あなたに 出会ってしまった”
E  Esus4  E  Em7  A7sus4  A7

逆説の接続詞「でも」が「E」のコードに乗って登場しました。
歌詞だけでなく、コード進行上も、ここが大きなポイントです。
少しだけコード理論をおさらいしておきましょう。

この曲のキーであるDメジャーのダイアトニック・コードは
D Em F#m G /  A(7)  Bm  C#m(♭5)  D 

です。
孤独な僕のストーリーが予定調和的に進むならば、
これらのコードを使って進行していくはずです。

でも」、そうはいかなくなった。
今 あなたに」出会ってしまったからです。

調和的なコード進行に、ダイアトニック・コード以外のコードを加えると、
当然ながら違和感が生じます。
その違和感は、しかし不快感ではありません。
新たな刺激に興味をかき立てられるポイント、
楽曲の「聞き所」の1つになるのです。

「遠く遠く~」でベース音が下降していきますが
G#→G→F# (Bは寄り道ということで除外)、
F#の次のEで、すなわち、
僕の心は、音の上でも最も深いところ(6弦開放のE)で、あなたと出会って、浮上するのです。

「あなた」との出会いと、それがもたらす変化への予感と戸惑いが
ダイアトニックを外れたまま揺れ動くコード(Em ではなく、E Esus4 E)からも伝わってきます。

そして、Em7でダイアトニック・コードに戻り、
A7sus4  A7 と続き、 Dで始まるサビ1)=「転」を迎えます。
(Dキーの最も基本的なコード進行は、 D→A7→Dです。)


Cメロ(サビ) 1)
”その手に触れて 心に触れて”
D  D(onF#) Gadd9    D(onF#) Em7 A#dim Bm7

”ただの 一秒が永遠よりながくなる”
Am7 Am7(on D) Gadd9 F#m7(11) Em7 

魔法みたい
Gmmaj7 

ストーリー上、ここが「転」です。
孤独な僕に訪れた大きな変化を見てみましょう。

冒頭のD  D(onF#) Gadd9は、実はイントロとほぼ同じです。
僕(や聴き手)の心に、「遠く遠く ただ埋もれていた」イントロのメロディー(「ミファ#ミ レ レレ」)が
Aメロ、Bメロを経て、心の高まりに呼応するように、ワントーン高く(「ファ#ソファ# レ レレ(ボーカルは、”ラ シ”」)サビとして登場しています。

図1イントロ



図2 サビ

 

 

 


さらに、サビはAメロの冒頭「目に見えないから アイなんて・・・」と同じコード「D  D(onF#) Gadd9 D(onF#) Em7 」でもあります。
しかし、「手(目に見えるアイ)」はもちろん、「心(目に見えないアイ)」にも触れた僕が、「アイ」と向き合った末にたどり着いたのは、Aメロとは正反対のメロディと心境です。

秦さんはこの心境を、具体的な情景やわかりやすい心情描写ではなく、
ある種独特の「時間感覚」で表現しました。

「ただの一秒が永遠よりながくなる」。

楽しい時間はあっという間、退屈な時間は苦痛なほど長い、ということを私たちは日常的に、経験的に知っています。
詩や哲学や宗教の世界は、その感覚を究極まで研ぎ澄ませた「瞬間=永遠」という図式を、様々な例と共に提示してきます。

しかし、「あなた」と出会って、アイに触れた「僕」が生きる新しい時間は、さらにその上を行くのです。

「ただの一秒が永遠よりながくなる」。

日常や詩、宗教・哲学の表現ですらほとんど不可能な
「一秒>永遠」は、
過去の経験、感性、理性、想像力のいずれでもなく、
「アイ」が僕にかけた「魔法」(ノン・ダイアトニックコードGmmaj7)の時間なのです。

そして、「結」に続きます。


C’メロ(サビ) 2)
”あなたが泣いて そして笑って”
D  D(onF#) Gadd9    D(onF#) Em7 A#dim Bm7

”ひとつ欠けたままの 僕のハートがほら”
Am7 Am7(on D) Gadd9 F#m7(11) Em7 

”じんわりふるえる”
A7sus4 D


ワンコーラス目を締める最後のブロックですから、
コード上も、Dメジャーの楽曲の終末そのもの、
A7(sus4)→ D で着地しました。
(最後のD は、2コーラス目に続く間奏、「D  D(onF#) G×2」(イントロと同じ)につながります。)

さて。
僕に大きな転機を与えてくれた存在、
泣いたり笑ったり、感情を素直に見せる「あなた」は、いったいどんな人なのでしょう。

この曲のキーであるDを「僕」の響きとするならば、
相性のよい音は、F#とAです。
でも「あなた」には、「僕=D」に調和しすぎない雰囲気がある。

かたくなだった僕に驚きを与え、新しい世界へ導く響き。
「でも 今あなたに 出会って(E Esus4 E Em7)」 
のコードからすれば、
「あなた」には「E」の響きがふさわしい。

しかし両者は、鍵盤で言えば一音違いの隣同士。
ギターで言えば、同一弦の左右2フレット以内に存在する。
こうした音は、同時に奏でると不協和音を引き起こします。
だから、一見すると相性が悪いように見える。

でも、
同性だと気に入らない短所が、異性になるとチャームポイントだとか、
喧嘩ばかりだった幼なじみと、同窓会で再会したら素敵になってたとか、
同じ部活の一学年違いは仲が悪くても、別の部活や、別の学校の一学年違いは魅力的に見えるとか、実生活でも思い当たる節はたくさんありますね。

でも、距離があれば、時が経てば、場が変われば、事情は変わってくるのです。

閑話休題

つまり、Dがオクターブ高いEと出会ったとき、
それが
自然体で、のどかで明るい・・・1弦開放のEだとすれば、
それはDにとってはむしろ、魅惑的な響き、

「9th」

となるのです。
(いちむらまさき著「ギター作曲100の裏技」P.50 参照)

楽譜の中央、
1弦開放のEと、4弦開放のDが同時に響く、「Dadd9」* 以降に注目してください。
*オフィシャルコードブックでは、Dadd9ではなく、Dコード+1弦0→H→P。

f:id:kuroiyoh:20160824172927j:plain


D(4弦開放、2弦3f.)とE(1弦開放)が、
「1つ欠けたままの僕のハート」に響き渡ります。

「アイ」と言い切るにはまだどこか頼りない感情が、
まるで小さな灯火のように、すきま風に揺れています。

生まれたばかりなのに、どこか懐かしい「アイ」の調べは、
僕(D)のハートの中で、大切な人(E)への思いと共振しながら、
少しずつ、じんわりと、鼓動を刻み始めました。


→2コーラス目へ続く。

blspvega.hatenablog.com




参考文献:

オフィシャル・スコア 秦 基博/ギター弾き語り全曲集 (オフィシャル・ギター・スコア)/ドレミ楽譜出版社
¥3,780
Amazon.co.jp

ギター作曲100の裏ワザ 知ってトクするおもしろアイディア&ヒント集/リットーミュージック
¥1,296
Amazon.co.jp
ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール/リットーミュージック
¥1,404
Amazon.co.jp