読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重箱の隅

好きなことだけ。

【如月-2】ギターレッスン

 

 

 

本日のテーマ: 
Dのダイアトニックコード
五線譜からキーを探す
『アイ』のコード進行について

キーワードは 
「あまーーーーーーい!」と
「ふかーーーーーーい!」

f:id:kuroiyoh:20160824172826j:plain

 




完全初心者だった初回から考えると
それなりに進歩はあったんだ~、と一人感慨深いレッスンでございました。

以下覚え書き。



レッスンはいつもの如く『アイ』でスタート。
先週よりはスムーズに最後まで弾き終わると、
大先生から第一の指令。

「Dから始まるダイアトニックコード書いてみ」

2匹のキツネちゃんですね!!!
ということで、まずは

D  Em  Fm G  A  Bm  Cm*  D  
(これは未完成。Cmには♭5も付加)

さてマイナーの位置は正解。でも不十分。
で、大先生が二つ目の質問。

「さて、どこに♯がつくでしょう?」

小さい声で「れ~み~ふぁ~そ~」と歌いながら
探し当てました。「F♯m」「C♯m」!
ということで、Dのダイアトニックコードの完成。

D  Em  F♯m  G  A7  Bm  C#m(♭5)  D  

ふっふっふ。
先週から心を入れ替えたので、少しだけオツムがクリア。
すると、大先生はここから一気に♯を使ったダイアトニックコードのクイズへ。

 


「一個ずつ♯が増えていきます。
 五線譜でいくと、どう増えていく?」

柳の下のドジョウとばかりに、
さっきと同じく、歌いながら探してたら
3匹目(A)あたりで、大先生から一言。

「ほれ、もっとすぐに、感覚的に。
 この矢印↗見てたら、幼稚園生でもわかるやろ。」

・・・うぃーん。・・・機能停止。

ほんっと、「感覚」が使えないポンコツです。
で、答えはこれ。

なるほど、フレットの上でも、五線譜でも
「逆N字」で一個ずつ増えていくわけですね。
ビジュアル押さえておけば、考えなくてもシャープの場所がわかるのか!スゴ!(゜Д゜)。


(『ギターコード本』P.105 参照)

わ~い、得した!一気に覚えた!
これさえ知ってれば、どこのダイアトニックコードも一発で書ける。
というわけで、Bのダイアトニックコードでおさらいして、次のステップへ。

ここからは
『アイ(大先生による初心者むけアレンジVer.2)』を使った目から鱗の実践コード講義。

大先生曰く、

「ダイアトニックコードに当てはまらないコードが出てきたら要注意。」

では、『アイ(Ver.2)』(←秦君のオリジナルも同じキー)だと、どれでしょう。



ワンコーラスだけ切り取ってみましたが、
この曲は、Dadd9 で始まってて、A7→Dadd9で終わってますね。
というわけで、紛れもなくコードは「D」です。

D  Em  F♯m  G  A7  Bm  C#m(♭5)  D  

すると、大先生曰く

「”でも今あなたに”のとこ見てみ。E7だろ。
Eなのに、m じゃない。
ということは、ここは本来のダイアトニックコードからは外れてるわけだ。」

あああ~ほんとだ。

「な、”でも、今あなたに出会”っちゃったんだよ。今までと違うんだよ。」

なるほど!!
作曲者は、歌詞(言葉)とコード(気分)をリンクさせてるんですね(゜Д゜)。

「他にも、、、”ただの一秒が永遠よりながくなる”の次・・・Gm!」

ホントだ。
こっちは逆に、本来ないはずのmがついてる!

大先生 曰く

「Dのコードで始まったのに、
新しいサウンドに、綺麗なコードに”出会ってしまった”。
そして、”魔法”にかかってしまったんだよ。」

・・・・・・

うわぁぁぁ、大先生ロマンチスト~!
あま~~~~~い!!!!

そして、

歌詞(言葉)を裏付ける、コードの進行。
コードが導く、歌詞とストーリー。

ふか~~~~~い!!!!
!!!!(・∀・)!!!! 

そうそう、こういうことがやりたかったのです、私。
曲の世界を、言葉(だけ)じゃなく、音の構造から知りたい、ってのがギター始めた理由だもの。

「ここでGがダイアトニックを外してるのは、、、」

はいはいはいっ!!!
一個目の外しコードは「E7」で、これはDのコードなら「2」。
二個目の外しコードは「Gm」で、これは「4」。
『ギターコード本』P.116.の「24(ニシ)君」→代理コードですね。

同じサブドミナントの外しコードでも、少し響きを変えることで、
主人公のアイをめぐる感情が、「驚き・揺らぎ」から、「深まり」へ変化してることを感じさせてくれるんでしょうね。

音楽は、「感じる」ことが第一だけど、ほんの少しの理論を「知る」ことで、もっと楽しく深く色付いてくる。

(>_<)。

ちなみに、入門者向けの『アイ(Ver.1 )』(さらに簡単なアレンジで、Dコードのオリジナルを2カポのCコードにしてある)でも、同じ箇所でダイアトニックコードが外されてました。

 

この曲を味わうポイントの一つは、

この「外しコード」だったんですねぇ。

はっきりと歌詞とコードの関係を自覚して演奏すると、弾き方というか、気持ちの乗り方も今までとは変わる気がします(・∀・)。



ふぅ・・・
知識ゼロだった初回から考えると、スゴイ進歩。

今日のレッスン中ずっと、ほーほーへーへーうわぁと、声を上げてばかりの濃い1時間でした。


今日は比較的ちゃんと答えられたので、
コード当てクイズのシンキングタイムBGM は無し!
代わりに、
ラグタイムブルースのエンディングのフレーズとか、
おなじみ「同じコードで弾けちゃうぞ」のコーナーで、
ピンクレディーの『透明人間』のサビが
ビートルズ『I feel fine』 とほとんど同じ・・・等々。
私は洋楽にもの凄く疎いので、メロディわかっても曲名がわからず。
曲名聞いてもメロディわからず、無念の白旗でございました(涙)

追記:
2月21日の『アメトーーク』で、
AMEMIYAさんの「冷やし中華始めました」を見かけましたが
画面見ながらちゃんとコードがわかりました。
終わってから書き出してみたら、みごとにシンプルなDのダイアトニックコード!
わ~い、ちゃんと理解できたぞ~\(^o^)/

カメどころか、カタツムリみたいな生徒ですが、
それでもここまで導いてくださった大先生に
感謝の気持ちを込めて、「あま~い」ご進物を。


f:id:kuroiyoh:20160824172826j:plain

 

「ん?底のほうになにか・・・」

「音の世界の深さを教えていただきました。
どうぞ、お納めをm(._.)m」


 

 

f:id:kuroiyoh:20160824172843j:plain

 

「・・・なんだこれは。メンチカツでも、コロッケでもなさそうだな。。。
 ソースかけて食えんような、ギターのネックよりも重いもんに、用はないわぃ!」


も・・もうしわけございませんっっっっ!
ソースつけて食えるもんをご用意して、出直してましりますっっ(T_T)

というわけで、
来週は、大先生の大好物とおビールを・・・(>_<)


本日の参考文献:

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール/リットーミュージック

¥1,404
Amazon.co.jp

予約完了:コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ(ギター/ベース/キーボード/ウクレレに対応)/リットーミュージック
¥1,404
Amazon.co.jp