読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重箱の隅

好きなことだけ。

【如月-1】ギターレッスン

ギター

え~と、夏から放置しておりましたが、ギターレッスン覚え書きの再開です。
旧暦の新年ですから心新たに(・∀・)。←相変わらずの言い訳大魔神w。

本日のテーマは、「オクターブとCコード諸々」。
終わってみれば、今まで復習せずに放置していた知識の総ざらいになりました。
帰宅途中のドトールで、『ギター・コード本』をめくって確認。
一気にアタマの引き出しに収まった感じ。うん。ほんと。

f:id:kuroiyoh:20160824172657j:plain

 

 

レッスン開始は、いつもの通り『アイ』から。

コード譜を目の前に広げている安心感で、なんとか最後まで止まらずに弾けました。
(止まらなかっただけ、ですけどw)

で、勝手に気をよくした私は、『ひまわりの約束 初心者コードVer.』で
前回大先生に教えていただいた、「C→C♯dim」の運指について、とある報告を。

先週の大先生:
”Cの時に1弦3f.を小指で押さえておくと、C♯dimに行くのが楽”

今週のわたし:
”そういえば、『1/6の夢旅人2002』で、イントロのGCDCの時、Cも1弦3f.で小指使ってましたよね!
Cで小指使う押さえ方知ってると、いろいろ便利ですね(^^)”

遡ること、半年弱w。
あのときは、オシャレGの押さえ方(2弦3f.薬指を追加)を覚えただけだったけど、

 

 


ちゃんとCでも「1弦3f.小指」使ってたんですね。
もっとも、実はCじゃなく、厳密には「Cadd9」と「Dsus4」だったんですけど。
それにしても、小指と薬指を押さえたまま進むコードの美しいこと!
大先生のアレンジに改めて感服。初心者にとってはもの凄く達成感ありますからね、これ。
(下は、『夢旅人』のイントロ)

 

f:id:kuroiyoh:20160824172708j:plain

 


ちなみに、いつもグダグダのヨタヨタだった私のC→C♯dimは、
この小指のおかげで克服できつつあります。
小指って、ちゃんと練習して自由に動かせるようになったら、
演奏の幅が広がるんですね~(・∀・)


今現在、私の小指は弦の上でボディ側にネンネしてしまいます。
どうやったらちゃんと自立してまっすぐ弦を押さえられるだろうとグダグダしてたら、
大先生から、「クリフハンガーのイメージで!」とのお言葉。
さらに、「何年かすると、あ、できた!って瞬間がくる」とw。

・・・・ 3年計画でがんばります。

さて。

ここで何か思いついた様子の大先生。

”はい、C。で、オクターブはこれ。弾いてみ? ”

ええ、、、大先生の前では相変わらずモタモタしておりましたが、
すでに教わってるパワーコードがちゃんと身についていれば、
オクターブも瞬間的にわかる・・・はずw (^^;)

f:id:kuroiyoh:20160824172714j:plain

 


Cのオクターブがわかったところで、
そのまま、「飛ぶ、飛ぶ、飛ばない。(C→D→E→F)」
6弦3f.へ移動して、再び「飛ぶ、飛ぶ、飛ばない。(G→A→B→C)」。

これは、あれですね。

f:id:kuroiyoh:20160824172719j:plain

 


弦は2本分(5弦と3弦)、フレットは3つ分のまま平行移動。
そういえば、パワーコード(1.5.8)でやったな~・・・(遠い目)。

6弦ルートのオクターブも行き止まりになると(ボディぎりぎり)
大先生はおもむろに5弦3f.(最初はオクターブだったC)を人差し指で押さえながらおっしゃいました。

”ここからのオクターブは、3フレット分じゃなく、4フレット分あけて。
なんでかわかる?”

・・・1分経過。

あ、あれだ


「開放弦のチューニング」

f:id:kuroiyoh:20160824172724j:plain

 

「3弦と2弦開放を合わせる時だけ、4フレットになる」
(『ギター・コード本』P.9参照)

レッスン初回の最初の最初に教わった「開放弦を使った実音チューニング」。
3弦は1フレット分音がズレてるから、1弦でオクターブ探すときは、4フレット間隔じゃないと合わなくなったんですね?(・∀・)

さて、後半はCコードをめぐっての諸々です。
これが美事に、今日の、先週の、ひいてはこれまでの総復習にもなっております。
今さっきやった「オクターブ」があそこに着地するとはな~。
すごいよ、大先生。大先生、すごい (゜Д゜)。

”はい、C。”

せっかく覚えた1弦小指付きのCでがんばるDADA黒羊。
(実はここでも、3弦と1弦を使ったオクターブの位置関係がわかるのです!5と5’(G))

f:id:kuroiyoh:20160824172729j:plain

 


さて。

ここから、Cに関するコードクイズ。
ちゃんと身についてれば簡単なはず、ですが、
なにぶんね。ええ。ぼんやりしてますので、アタマも。

”C7は?”

・・・2分経過。

もはや、コツとかルールとかぶん投げて、耳を頼りに・・・

f:id:kuroiyoh:20160824172734j:plain



”じゃ、そこ以外のポジションでC7押さえてみ?”

・・・。

5弦ルートの「ズラシAコード」というルールを思い出すのに、3分w。
↓ズラシコードのC。3フレットはセーハ。5フレットは、「こんばんみ583」

f:id:kuroiyoh:20160824172739j:plain

 

ここまでくれば、わかります。ようやく完成。
C7!

f:id:kuroiyoh:20160824172744j:plain

 


ズラシコードの元になるA7は『アイ』で弾き慣れてたのに~(T^T)。

そもそもの根本にある、「7は、8を全音(ここでは2フレット)下げる」というルールを思い出すのに、こんなに時間を要するのも言語道断、、、ではありますが、、、

7って・・・セーハの中に埋もれてたんだな~、と。

セーハすることに一生懸命でそんなこと考える余裕なかったわ~。
(↑ いやいや、『ギター・コード本』に何度も何度も出てるわなw)
「こんばんみ583」以外の音に対して、今までいかに無頓着だったかを思い知って、

深く、深く深く(w)  反省いたしております。


さらに大先生のクイズは続きます。

”じゃ、C6は?”

・・・ 2分経過。

またもや、数を数えたり、むやみやたらに弦を弾いて音を拾ったりして、ようやくたどり着く。

f:id:kuroiyoh:20160824172749j:plain



これも、ちゃんとコード本読んでればすぐわかるのにねぇ。
いや、ギター触って音出してれば、読まなくてもわかるのにねぇ。。

「6は5を全音上げる(2フレット分)か、7を半音下げる(1フレット分)」 
(『ギター・コード本』 P.56参照)


”じゃ、C6も別の押さえ方してみ?”

・・・。

・・・3フレットをセーハするのは、わかってる

・・・・で・・・で・・・・

もたつくDADAを見て、大先生がおもむろに問題変更。

”じゃ、13はどこ?”

・・・8以上なんて!!!あぅあぅあぅ(T^T)。

数を数えながらドレミを言ってw
ギター弾きながら音拾って、
(相変わらず、1音ズレて聞こえる耳が憎い(/_;))

で、ようやく見つけたのですよ、「13」(←遅いw)

 

f:id:kuroiyoh:20160824172754j:plain

 



れ? ちょっと待て。

5から「飛ん」だとこにあるってことは、、、



”あのね、C13ってのは、結局C6ってことよ。”

(゜Д゜)

そっか。
8がオクターブ高いC(1)だから、
9は2のオクターブ、
13は6のオクターブなのね。。。

f:id:kuroiyoh:20160824172759j:plain

 


実際の演奏では、3フレットの人差し指セーハと
5フレットの1~4弦を薬指でベターッとするわけですね。
(この、薬指ベターっがDADAは大の苦手)

本日のシンキングタイムのBGMは、
『My sharona』 と 『Help!』でございました。

大先生の演奏を聴きたいがために
シンキングタイムを長引かせているので、、、、嘘です。


と、こんな感じで無情にもレッスン終了のお時間。

帰宅途中に寄ったドトールで、
本日のレッスンの内容をメモってるときに、
改めて気づかされるわけですよ。

本日の冒頭で教わった「オクターブ」が、壮大な前振りだったのね、と。

3弦と1弦で作るオクターブの位置関係から言えば、

f:id:kuroiyoh:20160824172805j:plain

 


これの平行移動なんだから、
そりゃ、C6の6のオクターブ(13)は、あそこになるはずだわ (>_<)。

 

 

 

f:id:kuroiyoh:20160824172810j:plain

 


はぅ~。
音の場所って、何通りにも導き方があるのね・・・。


本日の参考文献:『ギター・コード本』
「Cコードのラッキールール」P.45の
DADAによる再現(著作権がね、アレで、アレなもんで)

f:id:kuroiyoh:20160824172815j:plain


「それにしても、
アンタは毎回毎回、よくぞここまでボンヤリとレッスンを受けに来るな~」と
大先生もアタマを抱えてらっしゃることでしょう。

「大変ですねぇ。。。お察ししますよ。」

f:id:kuroiyoh:20160824172820j:plain


DADAも、ゆうパックダンボーの陰に隠れて反省しておりますm(_ _)m。



ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール/リットーミュージック
¥1,404
Amazon.co.jp
コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ(ギター/ベース/キーボード/ウクレレに対応)/リットーミュージック
¥1,404
Amazon.co.jp