重箱の隅

好きなことだけ。

秦基博

「A&Q」、あるいは「レビューの裏側」

こちらも、後日の補足部分と訂正については、色を「グリーン」に変えております。自分用の覚え書きってことで、気づいたこと全部書いてるから、バカ長いったらw。 レビューの過程で参考にしたのは、 特典の手書き歌詞カードに書かれていたコード。 CD音源。…

『Q&A』未完成レビュー(2)

さて、『Q&A』です。 まず楽曲を読み解く前に、ヒントがつまったインタビューを紹介しましょう*1 江口(洋介)さんと本木(雅弘)さんが演じる2人は、それぞれ自衛隊の巨大ヘリを設計した人と原発を設計した人なんですけど、そうやって使命を持って何かを生…

『Q&A』未完成レビュー(1)

日頃からウルトラマンフィギュアを使って写真を撮ってる私。去年の秋には、ちょっと目先を変えて、こんなこともしてました。 実はこれ、秦さんのシングル『Q&A』のレビューを書いてたときに撮った写真です(2015年秋)。 未完成のまま放置して、書いたこと…

Blue is A Far Way Color

6月4日。 東京国際フォーラムホールA。 秦基博『青の光景』ツアーファイナル。 アルバムとツアー全般に関する内容については どれほど言葉を尽くしても 伝えきれないので ネット上に掲載されている 素晴らしい記事にお任せして (URLは記事の最後に) わたし…

番外:秦基博『アイ』ミュージッククリップ

「コードと詞で読む」といいつつ、番外編として映像も紹介しておきましょう。youtubeで見たこのミュージッククリップが、私にとって秦基博さんの楽曲との出会いであり、私にとっての『アイ』は、実は、このMVの映像込みの作品です。具体的なストーリーもなく…

詳説:秦基博『アイ』エンディング+まとめ

母音「ウ」が言葉の世界を包みこんで消えていくと、入れ違いに響くギターの音色が、この楽曲に幕を下ろします。 エンディングD D(on F#) G D D(on F#) Gadd9 A#dim Bm7 A EEm7 A7sus4 A7 Dadd9 イントロ(D D(on F#) G)とBメロ/間奏(Em7 A7sus4 A7)を思わ…

詳説:秦基博『アイ』 2コーラス目

1コーラス目では、目(eye)に見えないからアイ(Love)なんて信じないと、自分をごまかしてきた孤独な僕( I )は、「あなた」との”出会い(アイ)”によって、変わっていきました。こんなふうに、いろいろな「アイ」がちりばめられているために秦さんはこ…

詳説:秦基博『アイ』 1コーラス目

2014年の暮れ。モノクロの世界で、かみしめるように”愛”を歌う動画に魅せられて秦基博さんのファンになりました。2015年、ギター弾きのシンガーソングライターの曲を隅々まで味わうために言葉(詞)だけじゃなく、音(演奏・コード)の世界も知りた…

黒羊が作って、後で美味しく頂きましたw

秦基博さんのシングル『水彩の月』がリリースされたのは、6月3日。この時期プロモーションで飛び回っていた秦さんは、なぜかテレビや雑誌で頻繁に料理したり、食に関することをしてたんですよ。NHKでラップ歌いながらティラミス作ったり、大阪で、オーキャン…

Ristorante HATA 初夏のプリフィックスコース

6月3日発売のニューシングル『水彩の月』をイタリアンのプリフィックスコースに見立ててレビュー(らしきこと)をしてみましたw。以下のお料理は、3皿目のデザート以外は自作でございます(笑)。Ristorante HATA初夏(水無月・文月)のプリフィックスコ…